偽痛風 原因 治療 市販薬

偽痛風とは?痛風やリウマチと違うの?

痛風とよく似た症状で偽痛風というものがありますが、偽痛風とは別名を軟骨石灰化症とも言います。

 

また仮性痛風と呼んだりもします。痛風とは血中の尿酸が増加し、関節液内において尿酸ナトリウム結晶が生じて起こる病気ですが、偽痛風は関節液内にピロリン酸カルシウム結晶ができて沈殿し、多発性の関節痛を引き起こします。

 

 

偽痛風は一時的にせよ繰り返しにせよ関節が腫れて熱を持って激しい痛みを伴います。中々痛風との見極めが難しい病気となっています。

 

関節液内でできる結晶の種類が違う事から痛風か偽痛風かの判断が変わってきます。

 

また発症する年齢は60歳から80歳と高齢者に多くなっていて、これも痛風とは異なる点です。

 

偽痛風の痛みが出る場所としては、ひざ関節が最も多いですが、手や足、ひじ関節などで痛みが起こるとされています。

 

発症する原因ははっきり分かっていない事が多いです。

 

 

症状としては関節に激しい痛みが走り発熱を伴いますが、痛風ほどの痛みではないとされています。

 

もっとも症状が現れるのはひざ関節ですが、比較的大きな関節…肩、ひじなどで症状が出る事が多くなっています。

 

 

女性に多いとの意見もありますが、男性の患者も多い事から一概には言えないようです。

 

また発作もあり、急性の発作時には関節が腫れて熱があり、痛みを伴いますが、関節の動きが悪くなる事もあります。

 

その事によってリウマチと勘違いされる場合もありますので慎重に判断しましょう。

痛風と偽痛風の違い 何が違うの?

痛風と偽痛風は共に症状が似ている事から違いが分かりにくいものですが、違いとしては最も大きなものとしては、偽痛風は関節液内でピロリン酸カルシウムが沈着する事によって起こる関節炎ですが、痛風では高尿酸血症が原因となっているところです。

 

痛風の関節炎は関節液内にできた尿酸の結晶に対して炎症が起こる事です。

 

偽痛風の関節炎は痛風と同じ反応がピロリン酸カルシウムの結晶によって炎症が起こる事です。

 

痛風と同じように、風が吹いても痛みが出るなどの関節、主にはひざ関節に激しい痛みが出たり、発熱したりする事ですが高尿酸血症が見られないという特徴があり、その事から偽痛風と呼ばれるようになりました。また仮性痛風と呼んだりします。

 

 

また、発症年齢は痛風には関係があまり見られないものの、偽痛風は60歳から80歳と比較的痛風に比べて高齢者に多くなっています。男女比は女性が多いという意見もありますが、はっきりした数字は分かっていません。

 

また、関節、主にひざ関節に激しい痛みを発症しますが、痛風と偽痛風では偽痛風の痛みの方が痛風に比べて軽いものとなっています。痛風の痛みが出るとその激しい痛みから歩行も困難な状態になるとされています。

 

また、痛風の痛みが出る足の指先などへの痛みは偽痛風では出る事がなく、痛風と偽痛風の異なる点となっています。

 

関節液を検査する事によって、確実に痛風であるか、偽痛風であるかの診断ができます。痛風の場合の尿酸の結晶は針の形をしていますが、偽痛風の場合はカルシウムの結晶ですのでひし形をしています。

 

 

※※ 関連サイト ※※
痛風治療の総合情報サイトです。
初期症状や尿酸値を下げるのに効果的な食事、糖尿病との併発から糖尿病の予防などの情報が掲載されています。

 

⇒ 痛風の初期症状や尿酸値を下げる方法・糖尿病との併発

 

 

なお、当サイトでは記載の内容について補償するものではありません。
偽痛風の治療は専門医を受診されることをおすすめいたします。

偽痛風治療の総合情報

<スポンサードリンク>