偽痛風 原因 症状 検査

偽痛風の原因・症状・検査について解説します記事一覧

偽痛風の原因はピロリン酸結晶が関係?

偽痛風に関しての原因の究明はまだはっきりしておらず、はっきりと言い切る事はできないのですが、ピロリン酸が関係している事は分かっていますね。ピロリン酸とカルシウムは軟骨の中でピロリン酸結晶という結晶を生成します。結晶化する要因としては軟骨変性が挙げられます。軟骨の中にできた結晶が外圧と酵素によって関節...

≫続きを読む

偽痛風の症状は肘・ひざの関節に多く表れます

偽痛風の症状の半分以上はひざの関節に出るとされています。具体的な症状としては関節の腫れと、激しい痛み(痛風ほどではない)発熱、発赤などですね。また、稀に全身症状としての発熱や体重減少などの症状を起こす場合もあるようですね。偽痛風は主に関節に起こりますが、ひざを中心として、大きな関節部分に症状が出ます...

≫続きを読む

偽痛風の発作は痛風の発作の痛みと大きな違いはありません!

偽痛風でも発作を起こす事があります。突然、何の前触れもなく、激しい痛みがひざ関節を中心にして、起こる場合があります。痛風の発作による激しい痛みの現れ方と大きな違いは見受けられないとされていますね。しかし、発作の原因は痛風とはまったく異なります。また、痛風の発作では足指の関節に激しい痛みが走る事があり...

≫続きを読む

偽痛風 発作時は全身症状として発熱する場合があります

偽痛風は軟骨変性を伴う痛みがあり、関節が炎症を起こしている事から、痛みの大半を占めるひざ関節や肘、肩を中心に患部に熱感を生じる場合があります。また、同時に多発的に痛みが出た場合には全身に発熱を起こす場合がありますので注意が必要ですね。偽痛風の発作は一過性で短期的なものであるため症状は比較的数日から2...

≫続きを読む

偽痛風の症状 ひざに水が溜まるとどんな影響がある?

よくひざに水が溜まるという表現をしますが、偽痛風でもひざに水が溜まる事はあるようですね。ひざに限らず、関節に水が溜まる事はよくある事です。関節に水が溜まる事を関節水症もしくは関節水腫と呼んでいます。関節内にある潤滑油の働きをする関節液が関節の炎症によって過剰に生成された状態を俗に言う水が溜まるという...

≫続きを読む

偽痛風の診断は検査によるレントゲン所見で分かります!

偽痛風はピロリン酸カルシウムの結晶がひざに欠落して炎症を起こす痛風に似た症状をきたす病気ですが、診断はどのようにして下すのでしょうか。偽痛風は痛風とは違った物質主にカルシウムが結晶となったものが原因ですので、レントゲンに写ります。石灰化を起こしているのでひと目で分かる事になりますね。痛風の場合は原因...

≫続きを読む

偽痛風の検査 CRPの値は陽性となり上昇します!

CRPとはC-リアクティブ・プロテインの略で血清中にたんぱく質が増加する事を指しますが、炎症や細胞の破壊が行われる時にCRPの値は陽性となり上昇します。元来、肺炎独特のたんぱく質と考えられていましたが、現在では炎症や細胞の破壊が行われると、必ずといっていいほどCRPの値が陽性を示し、上昇します。これ...

≫続きを読む

偽痛風の予防法はあるの?

偽痛風は痛みや症状も痛風に酷似しているので、食事管理などを正しく行なえば予防が出来ると思っておられる方も多いようですが、尿酸値の上昇などが原因である痛風に比べて偽痛風はピロリン酸カルシウムが結晶化し関節内や周辺に発生してしまうことから痛みを発症してしまうものです。ですから、名前は似ていても予防法や対...

≫続きを読む

偽痛風治療の総合情報

<スポンサードリンク>