偽痛風 原因 結晶 遺伝

偽痛風の原因はピロリン酸結晶が関係?

偽痛風に関しての原因の究明はまだはっきりしておらず、はっきりと言い切る事はできないのですが、ピロリン酸が関係している事は分かっていますね。

 

ピロリン酸とカルシウムは軟骨の中でピロリン酸結晶という結晶を生成します。

 

結晶化する要因としては軟骨変性が挙げられます。

 

軟骨の中にできた結晶が外圧と酵素によって関節を破壊して関節の中に落ちていきます。

 

落ちた結晶は免疫グロブリンというものを吸着します。

 

それを白血球が攻撃するので腫れと熱を伴った激しい痛みを発症して、偽痛風となっているようですね。

 

攻撃といっても白血球や単球が落ちた結晶をきれいに掃除しようとする時に細胞から化学物質が放出されて炎症が起こるといったイメージですね。

 

 

また、急性発作時には激しい痛みと腫れ、発熱を伴い、関節の動きが悪くなる事があります。

 

ピロリン酸カルシウムの結晶があるからといって、急性の発作が起こるとは決まっていませんので、必ず発作が起こるものではありませんが注意が必要ですね。

 

 

ピロリン酸は本来は肝臓で分解されるのですが、高齢化すると、肝機能が弱まり、ピロリン酸を分解できなくなります。

 

その分解できなくなったピロリン酸がカルシウムと結合して結晶となりますが、どちらかといえば女性に多いのではといわれています。

 

 

また、偽痛風は近年の研究によって遺伝が関係しているのではないかという説もありますね。

 

発作のない場合を変形性関節症といってる場合もあります。

偽痛風治療の総合情報

<スポンサードリンク>

偽痛風の原因はピロリン酸結晶が関係?関連ページ

偽痛風の症状 肘・ひざの関節
偽痛風の症状は関節に表れることが多いです。そして、その多くはひざの関節に出るとされています
偽痛風の発作
偽痛風の発作は痛風の発作の痛みと大きな違いはありませんが原因は異なります!
発作時は発熱する場合あり
偽痛風 発作時患部が熱を持ち、全身症状として発熱する場合があります
ひざに水が溜まると・・・
偽痛風の症状 ひざに水が溜まるとどんな影響があるのか解説します。
偽痛風はレントゲン所見でわかる!
痛風とは異なり、偽痛風の診断は検査によるレントゲン所見で分かります!
CRPの値は陽性となり上昇します
偽痛風の検査 炎症が出ている場合はCRPの値は陽性となり上昇します!
偽痛風の予防法はあるの?
偽痛風は、痛みや症状が痛風とよく似ているため、食事管理などを行っていれば、予防が出来ると思っている人が少なくありませんが、実際は名前が似ていても予防法や対処法は全く異なります。