偽痛風 症状 肘 ひざの関節

偽痛風の症状は肘・ひざの関節に多く表れます

偽痛風の症状の半分以上はひざの関節に出るとされています。具体的な症状としては関節の腫れと、激しい痛み(痛風ほどではない)発熱、発赤などですね。

 

また、稀に全身症状としての発熱や体重減少などの症状を起こす場合もあるようですね。

 

偽痛風は主に関節に起こりますが、ひざを中心として、大きな関節部分に症状が出ますので他には肘、肩、股関節など、体の中でも比較的大きな関節で症状が見受けられます。

 

 

発作型の偽痛風では、急性の関節炎は約70%がひざ関節に起こるとされていますが、肘や手、足の関節にも出る事があります。

 

関節リウマチと間違われる事も多いリウマチ型では慢性化して、多くの関節で炎症が起こり、朝にはこわばりが起こる事がありますので注意が必要です。

 

また変形性関節炎の中では発作や、自覚症状がまったくなく、無症状であるが、画像診断すると、石灰化が認められるといった場合もあります。

 

 

偽痛風でも、進行して慢性化すると、全身の関節に症状が出て、痛風と見間違う事も多くあります。

 

またリウマチとも間違う事もあるため、正確な診断には画像診断が必要です。

 

患部の関節に熱感が生じる場合も多く見受けられているようです。

 

発作的な激しい痛みを伴う場合もありますので、肘やひざ、肩などの大きな関節に痛みを感じたら専門医で診断を受ける事をお勧めしています。

 

 

また、60代以上の高齢者に多く見受けられる偽痛風ですので、高齢者の方で痛みが出た場合には偽痛風も疑ってみる必要があります。

偽痛風治療の総合情報

<スポンサードリンク>

偽痛風の症状は肘・ひざの関節に多く表れます関連ページ

偽痛風の原因はピロリン酸結晶?
偽痛風の原因はピロリン酸結晶が関係しているといわれていますが、まだ完全には解明されていません。。。
偽痛風の発作
偽痛風の発作は痛風の発作の痛みと大きな違いはありませんが原因は異なります!
発作時は発熱する場合あり
偽痛風 発作時患部が熱を持ち、全身症状として発熱する場合があります
ひざに水が溜まると・・・
偽痛風の症状 ひざに水が溜まるとどんな影響があるのか解説します。
偽痛風はレントゲン所見でわかる!
痛風とは異なり、偽痛風の診断は検査によるレントゲン所見で分かります!
CRPの値は陽性となり上昇します
偽痛風の検査 炎症が出ている場合はCRPの値は陽性となり上昇します!
偽痛風の予防法はあるの?
偽痛風は、痛みや症状が痛風とよく似ているため、食事管理などを行っていれば、予防が出来ると思っている人が少なくありませんが、実際は名前が似ていても予防法や対処法は全く異なります。