偽痛風 発作

偽痛風の発作は痛風の発作の痛みと大きな違いはありません!

偽痛風でも発作を起こす事があります。突然、何の前触れもなく、激しい痛みがひざ関節を中心にして、起こる場合があります。

 

痛風の発作による激しい痛みの現れ方と大きな違いは見受けられないとされていますね。

 

しかし、発作の原因は痛風とはまったく異なります。

 

また、痛風の発作では足指の関節に激しい痛みが走る事がありますが、偽痛風の場合は体の中でも比較的大きな関節で発作を起こし、痛みが走る事からひざを中心に肘、肩などの大きな関節の部位で発作が起こります。

 

大体、70%程度はひざの関節を中心にして発作が起こります。

 

 

偽痛風の場合は、同時に数箇所の関節が痛み出す事は少なく、単関節炎といって、1箇所だけに発作が起こる場合が大半とされています。

 

急に腫れてくるとされています。

 

中には熱感を持ったり、全身のだるさが症状として出る場合があります。

 

発作の症状は通常数日から2週間程度続くとされており、症状が治まると次の発作が起こるまで症状がないというのが一般的です。

 

 

高齢者に多い偽痛風ですので、軽い怪我や長時間歩いたりする事が原因となって発作を起こす事が多いようですね。

 

発作を起こした時の対処は非ステロイド性抗炎症薬での処置と患部の安静が第一となっていますね。

 

稀にですが、関節の破壊が激しい場合には人工関節を用いる事もありますので、偽痛風とは言えども甘く見る事はできませんね。

 

激しい痛みを伴う発作が起こった場合にはすぐに専門医を受診し、適切な処置を心掛けてくださいね。

偽痛風治療の総合情報

<スポンサードリンク>

偽痛風の発作は痛風の発作の痛みと大きな違いはありません!関連ページ

偽痛風の原因はピロリン酸結晶?
偽痛風の原因はピロリン酸結晶が関係しているといわれていますが、まだ完全には解明されていません。。。
偽痛風の症状 肘・ひざの関節
偽痛風の症状は関節に表れることが多いです。そして、その多くはひざの関節に出るとされています
発作時は発熱する場合あり
偽痛風 発作時患部が熱を持ち、全身症状として発熱する場合があります
ひざに水が溜まると・・・
偽痛風の症状 ひざに水が溜まるとどんな影響があるのか解説します。
偽痛風はレントゲン所見でわかる!
痛風とは異なり、偽痛風の診断は検査によるレントゲン所見で分かります!
CRPの値は陽性となり上昇します
偽痛風の検査 炎症が出ている場合はCRPの値は陽性となり上昇します!
偽痛風の予防法はあるの?
偽痛風は、痛みや症状が痛風とよく似ているため、食事管理などを行っていれば、予防が出来ると思っている人が少なくありませんが、実際は名前が似ていても予防法や対処法は全く異なります。