偽痛風 治療

偽痛風の治療についての情報を掲載!記事一覧

偽痛風の治療はどうやって行われるの?

偽痛風の治療方法としては主にはふたつあると考えられています。最も多いのは対症療法ですが、対症療法とは、症状に対して、それを軽減する療法の事ですが、偽痛風で関節等に炎症が起こっている場合はその炎症を鎮めるための非ステロイド性炎症薬といわれる薬を使って患部の痛みや炎症などを抑える方法を取ります。こういっ...

≫続きを読む

関節注射は偽痛風の対症療法として使われます

偽痛風の場合、治療方法は対症療法となるのが一般的ですが、その中でも炎症が酷い場合や腫れが酷い場合には、非ステロイド性抗炎症薬の内服や関節内への注射を行う事で症状の軽減を試みる事があります。場合によっては、人工関節への置換手術や関節鏡で関節内の洗浄を行う事もあります。内服で副腎皮質ステロイド薬の処方が...

≫続きを読む

偽痛風は人工透析が必要な腎疾患や糖尿病とは原因が違います

偽痛風の主な症状は肩や肘、ひざなどの関節の激しい痛みとその炎症に伴って起こる発熱が主体です。稀に全身の倦怠感を引き起こす事もありますが、概ね、痛みと発熱となっています。また、慢性化や合併症の心配も少ないとされています。こういった点は痛風とは大きく異なる点です。変形性膝関節症は徐々に痛みが進行したりす...

≫続きを読む

偽痛風は脳梗塞や脳卒中を併発する恐れがあります!

偽痛風では主な症状としては、関節でも比較的大きな関節に激しい痛風に似た発作の痛みを生じるものが大半となっていますが、中には偽痛風の発作的な痛みが誘発の要因となって脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞を起こす場合があります。偽痛風の痛みの治療は消炎剤などで行いますが、脳梗塞や脳卒中や心筋梗塞など、命が非常に危険な...

≫続きを読む

偽痛風の消炎鎮痛剤 コルヒチンについて解説

偽痛風の発作などで関節に激しい痛みを生じる事は分かっていますが、その痛みに対しての治療法は対症療法のみとなっていて、消炎鎮痛剤などが利用されています。局所に注射したりする事で炎症を抑えて痛みを抑える効果があります。その中でコルヒチンは、イヌサフランの種子から得られたアルカロイドで、以前は痛風の薬とし...

≫続きを読む

偽痛風 痛みの治療に有効なステロイド

偽痛風の痛みの治療に有効な物質としてステロイドがあります。ひと言にステロイドといってもいくつもの種類があります。痛みの患部に注射する訳ですが、ステロイドの中にはリンデロン、デカドロン、デポメドロール、ケナコルトAなどがあります。ステロイドは水溶性と懸濁性ステロイドがあり、症状や痛みの具合によって使い...

≫続きを読む

偽痛風の治療・予防 食事との関連性はあるの?

偽痛風と食事の関係ですが、ひと言で言うならば関係ないという事です。あくまで偽痛風単体の病気と食事の関連性は現在では見受けられないとの事ですので、今後の偽痛風の原因の究明などによって、何らかの関連性が認められる可能性はありますが、現時点では関係がないとされています。痛風などではプリン体を多く含む食事や...

≫続きを読む

偽痛風を治すための治療期間はどのくらい?

偽痛風の原因はピロリン酸カルシウムが関節内部に結晶化してしまうことから起こる症状ですが、この症状を引き起こす原因として変形性関節症や副甲状腺亢進症や関節リウマチなどが関係しているとも言われているので、関節痛を感じ、痛風の痛みに似ているからと言って偽痛風と決め付けて検査を行なうのではなく、その他の原因...

≫続きを読む

偽痛風の手術はどんなものなの?完治するの?

偽痛風を発症する方のほとんどが60代以上である場合が多く、リウマチや関節症と判断されている方も多いかもしれません。偽痛風は関節内にカルシウムの結晶化しているので、その結晶化しているものが腱や神経を圧迫して痛みが出たり、関節が変形してしまう場合もあります。関節の変形が見られない場合は、膝に数センチ程度...

≫続きを読む

偽痛風の合併症はどんなものがあるの?

偽痛風は仮性痛風と呼ばれているように、痛みや症状がとても痛風に似ている病気の1つなのですが、原因は全く違うため合併症の種類も全く異なるものです。ご存知のように偽痛風はピロリン酸カルシウムの結晶化されたものが膝関節付近に付着してしまい激痛を伴ったり、発熱してしまう症状が多く聞かれます。偽痛風の情報を掲...

≫続きを読む

偽痛風は膠原病と診断されるの?

膠原病と聞くと大きな病気なように感じてしまい、『治らない病気』と思いこんでしまう方も少なくありません。膠原病は一般的にリウマチやベーチェット病と言われるような原因や治療法が完全に確立していないような病気を総称した呼び方です。しかし、偽痛風はピロリン酸カルシウムが代謝されずに結晶化してしまい、関節など...

≫続きを読む

偽痛風の場合は尿酸値も異常値なの?!

痛風症状に似ている偽痛風ですが、痛風と偽痛風の原因は全く違うものだということをまずは理解しておかなければなりません。痛風は関節部分にたまった結晶化した尿酸を白血球が排除しようとするため激痛が走ります。ですから、この尿酸値が高ければ高いほど、結晶化する可能性も高いですし、白血球の排除能力も高まってしま...

≫続きを読む

偽痛風治療の総合情報

<スポンサードリンク>