偽痛風 痛み止め 市販薬

偽痛風の痛み止め 市販薬を使っても大丈夫?

偽痛風では、ひざの関節を中心とした大きな関節で炎症が起こり激しい痛みを伴います。

 

治療には関節に直接注射する事も少なくはないですが、痛み止め、消炎鎮痛剤を使用する事があります。

 

病院で処方される薬の中ではロキソニンやボルタレンなどが主に使用されています。

 

現在ではロキソニンは市販薬として販売されていますので、入手する事が可能となりましたが、以前は販売されていませんでした。

 

 

偽痛風では非ステロイド性抗炎症薬を使用しますが、これらをNSAIDsと呼んでいます。

 

市販されているNSAIDsは、アスピリンが主成分のバファリンであったり、イブプロフェンが主成分となっているイブ、エテンザミドが主成分のノーシンや新セデス、イソプロピルアンチピリンが成分となっているセデス・ハイ、アセトアミノフェンが成分となっているタイレノールなどが主な非ステロイド性抗炎症薬となっています。

 

 

偽痛風の発作時などの関節の痛みや発熱には効果がありますが、痛風では使用厳禁の成分を含む薬などもありますので、痛風か、偽痛風か、またはただの関節炎かリウマチかの判断がつかない状態で診断を受けずに安易に痛み止めを服用するのは、リスクが伴いますので注意しましょう。

 

 

厳禁の成分を含む痛み止めの薬などを服用すると、痛風の場合は悪化する事があり、危険です。

 

痛風は合併症を起こす事があるので、要注意となります。

 

偽痛風の場合は合併症の心配もありませんので、市販薬が効果を出す事はありますが、くれぐれも専門医で受診される事をお勧めします。

偽痛風治療の総合情報

<スポンサードリンク>

偽痛風の痛み止め 市販薬を使っても大丈夫?関連ページ

痛み止めや炎症止めのお薬 ロキソニン
偽痛風の痛み止めや炎症止めのお薬 ロキソニンについて解説します。
漢方薬で予防・治療できるの?
偽痛風 漢方薬で治療・予防できるのか解説します。