偽痛風 薬 ロキソニン

偽痛風の痛み止めや炎症止めのお薬 ロキソニン

偽痛風の痛み止めや炎症止めに使用する第一選択として経口剤のロキソニンがあります。

 

偽痛風の発作的な痛みなどに効果を発揮する薬として有名です。

 

ロキソニンは非ステロイド性抗炎症薬でNSAIDsといわれる抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用がある薬の一種ですね。

 

一般的には広く、痛み止めとして認知されています。

 

現在ではロキソニンは市販薬としても入手が可能となっていますが、主成分はロキソプロフェンという非ピリン系の非ステロイド性抗炎症薬です。

 

 

同じような効果のある非ステロイド性抗炎症薬としては、ジクロフェナクを主成分とするボルタレンなども有名です、

 

またインドメタシンが成分となっているインダシンなどもあります。偽痛風の発作時の関節の痛みや発熱などの症状の軽減に効果があり解熱、鎮痛効果を期待して処方しますね。

 

ただし、痛み止めですので、対症療法となり、根本的な治療とはなりません。

 

また、偽痛風の根本的治療法は現在ではまだなく、対症療法しかありませんのでロキソニンなどの非ステロイド性抗炎症薬の処方や場合によっては関節に注射をする事で症状を軽減し、経過を観察します。

 

 

原因治療法が確立されていないために痛み止めなどの治療が中心となりますが、偽痛風の場合でも安易に市販薬やロキソニンを服用して我慢するのではなく、人工関節への置換などの手術を行わなくてはならない場合もありますので、自己判断で服用せずに必ず、専門医の診断を受け、病院で適切な薬を処方してもらう事をお勧めしています。

偽痛風治療の総合情報

<スポンサードリンク>

偽痛風の痛み止めや炎症止めのお薬 ロキソニン関連ページ

偽痛風の痛み止め市販薬
偽痛風の発作 市販の痛み止めを使っても大丈夫か解説します。
漢方薬で予防・治療できるの?
偽痛風 漢方薬で治療・予防できるのか解説します。