偽痛風 漢方薬

偽痛風 漢方薬で治療・予防効果があるものはある?

偽痛風の治療法は確立されていません。

 

対症療法を行う事で症状や痛みを緩和し経過を観察します。

 

発作的に痛みが走る事がありますが、予防法などもありません。

 

 

通常、偽痛風では非ステロイド性抗炎症薬でもあるロキソニンなどの薬の経口服薬が第一選択となる事が多いですが、炎症のある関節へのステロイド剤の注射で痛みを軽減する事もあります。

 

また、場合によっては人工関節への置換の手術などで対処する場合もあります。

 

変形性関節症を引き起こす場合がありますのでそういった手術などの方法も検討されます。

 

 

漢方薬を時には使用する事があります。

 

主には越婢加朮湯や黄連解毒湯などを使用する事があります。

 

漢方薬は体質改善が前提で使用する事が多いのですが、偽痛風は遺伝性のものではないかとか、食生活にはほぼ関係性が認められないなどの説が有力となっていますが、肥満などは変形性膝関節症などを引き起こす原因のひとつとも考えられていますのでそういった事を予防する事も含めて、漢方薬を処方する事もあるようです。

 

 

しかし、最初に示した通りに偽痛風の場合の第一選択はロキソニンなどの非ステロイド性抗炎症薬を使用して発熱や痛みを緩和し、軽快するのが数日から2週間程度ですので、継続的に服薬する薬は稀です。

 

漢方薬は体質改善には役立ちます。

 

日頃から気をつける事ができない、あるいはないのが偽痛風の現在での特徴となっている部分はありますが、痛風と同様な症状をきたすため、食生活には健康のためにも気を配り、バランスの取れた食事を摂る事は必要になってきます。

偽痛風治療の総合情報

<スポンサードリンク>

偽痛風 漢方薬で治療・予防効果があるものはある?関連ページ

偽痛風の痛み止め市販薬
偽痛風の発作 市販の痛み止めを使っても大丈夫か解説します。
痛み止めや炎症止めのお薬 ロキソニン
偽痛風の痛み止めや炎症止めのお薬 ロキソニンについて解説します。