偽痛風 治療後のリハビリ

偽痛風 治療後のリハビリは必要なの?

偽痛風で発作的に関節に痛みが発生したり熱が出たりする事はよくある事ですが、確立された治療方法がなく、対症療法のみですので、急性期の発作時には安静と患部を冷やしたりする事が大半です。

 

また、経口投与でロキソニンなどの痛み止めを飲む事はあります。

 

そういった治療法を行い、症状の改善を試み、数日から数週間で軽快する他には関節の状態によっては人工関節との置換の手術などを行う場合がありますが、稀に運動療法でリハビリを行う場合がある以外は薬物投与や安静にするなどの対症療法が治療の中心となります。

 

リハビリを行う事で次の偽痛風の発作の予防策になる事は少なく、決定的な治療方法や予防策はありません。

 

 

急性期の発作などでの治療には一定の効果を示すのは痛み止めや安静にする事であって、リハビリが必要になる場合は非常に稀と考えてよいでしょうね。

 

中には筋肉強化運動や関節稼動域訓練は効果を発揮する場合がありますが広く一般的には予防策はないものとして考えられています。

 

非ステロイド性抗炎症薬の投与や関節への直接的なステロイド剤の注射などの治療が有効で、発症前に予防する事は困難ですね。

 

 

人工関節に置換した場合などは、理学療法による、関節の稼動域訓練などが行われる場合がありますが、偽痛風の再発防止の要素は低いとされています。

 

人工関節への置換手術などは偽痛風などによる、変形性関節症などが要因となる場合がありますので、ひざなどの関節の人工関節への置換などであれば、歩行訓練などを行う場合があります。

偽痛風治療の総合情報

<スポンサードリンク>

偽痛風 治療後のリハビリは必要なの?関連ページ

小児で発症することはある?
偽痛風 小児で発症することはある?という疑問についてお答えします。
入院治療で特別食加算はあるの?
偽痛風の入院治療で特別食加算はあるの?という疑問についてお答えします。
障害年金を受給する資格はあるの?
偽痛風は障害年金を受給する資格はあるの?という疑問についてお答えします。
アルコールの摂取やプリン体は原因になる?
偽痛風 アルコールの摂取やプリン体は発作の原因物質になる?という疑問にお答えします。
アイシングして患部を冷やすと効果はあるの?
偽痛風の発作時、アイシングして患部を冷やすと痛みに効果はあるの?という疑問にお答えします。
偽痛風・痛風とクラウンドデンス症候群の違いは?
偽痛風・痛風とクラウンドデンス症候群の違いは?という疑問についてお答えします。
温泉やお風呂はよくないの?
偽痛風に温泉やお風呂はよくないの?という疑問にお答えします。
偽痛風治療にヒアルロン酸は必要なの?
確実な偽痛風の予防とはされていませんが、日常的にヒアルロン酸やコンドロイチンなどのサプリメントを摂取すると、偽痛風になりにくく、膝などの関節も痛みにくいという話があります。
腫れはどのように対処すればいい?
偽痛風は前ぶれもなく、急に激痛が走ったり、熱をもって腫れたりすることがあります。いつも感じるような腫れであれば、患部を冷やして腫れが引くまで動かずに静止していることが大切です。
偽痛風になりやすい年齢ってあるの?!
足腰の老化が著しく見られる50代後半から60代、70代に偽痛風は多く見られます。またごく稀ではありますが、30代や40代の女性が偽痛風になる場合もあるので、精密検査を必ず受けるようにしましょう。
偽痛風は女性がなりやすいって本当?
偽痛風はピロリン酸カルシウムを代謝出来ずに結晶化させてしまう代謝内分泌疾患の一つですから、男女に差があるわけではないのですが、関節の骨格や骨密度、代謝から比べると、多少女性の方がかかりやすい病気のようです。