偽痛風 痛風 クラウンドデンス症候群

偽痛風・痛風とクラウンドデンス症候群の違いは?

クラウンドデンス症候群とは、人間の頚椎(首の骨)は7つの骨からできています。

 

1番目の骨を環推、2番目の骨を軸推と呼んでいますね。

 

この2番目の軸推にある突起を取り囲む靱帯が石灰化して炎症を引き起こし、痛みや熱が出る病気の事をクラウンドデンス症候群といいます。

 

痛風に似た痛みを伴うものですが、原因がピロリン酸カルシウムの沈着ですので、偽痛風と同じですね。

 

したがって痛風とは異なりますので尿酸値は高くはありません。

 

 

高齢の女性に多く見られる症状という事です。

 

首の痛みが突然出て、上下左右に動かすのも激痛が走って、無理な状態になる場合があります。

 

偽痛風と同じ原因で痛みが発作的に起こるので、対症療法が有効です。

 

抗炎症薬の投与、ロキソニンなどですが痛みの軽減に役立ちます。

 

症状は徐々に軽快するものの、偽痛風ですので、再発する可能性があります。

 

偽痛風ですが、首の特定の関節に起こるので環軸関節偽痛風と呼ぶ場合が多いです。

 

 

最近では、CTなどの画像で診断が下される事が多くなりました。

 

また、患部をCT撮影しないと原因が分からない場合もあります。

 

CT画像の所見で患部に石灰化が起こっている事を確認し、診断がクラウンドデンス症候群となります。

 

また、発熱を伴う事もありますので注意が必要です。首を動かす事ができないほどの痛みがある事が特徴となっています。

 

 

治療では、抗炎症薬の投与や頚椎コルセットを使用する場合があります。

 

偽痛風と同様に炎症を抑える事と、安静が大切となりますので、頚椎の場合はコルセット着用する事があります。

偽痛風治療の総合情報

<スポンサードリンク>

偽痛風・痛風とクラウンドデンス症候群の違いは?関連ページ

治療後のリハビリは必要なの?
偽痛風 治療後のリハビリは必要なの?という疑問について解説します。
小児で発症することはある?
偽痛風 小児で発症することはある?という疑問についてお答えします。
入院治療で特別食加算はあるの?
偽痛風の入院治療で特別食加算はあるの?という疑問についてお答えします。
障害年金を受給する資格はあるの?
偽痛風は障害年金を受給する資格はあるの?という疑問についてお答えします。
アルコールの摂取やプリン体は原因になる?
偽痛風 アルコールの摂取やプリン体は発作の原因物質になる?という疑問にお答えします。
アイシングして患部を冷やすと効果はあるの?
偽痛風の発作時、アイシングして患部を冷やすと痛みに効果はあるの?という疑問にお答えします。
温泉やお風呂はよくないの?
偽痛風に温泉やお風呂はよくないの?という疑問にお答えします。
偽痛風治療にヒアルロン酸は必要なの?
確実な偽痛風の予防とはされていませんが、日常的にヒアルロン酸やコンドロイチンなどのサプリメントを摂取すると、偽痛風になりにくく、膝などの関節も痛みにくいという話があります。
腫れはどのように対処すればいい?
偽痛風は前ぶれもなく、急に激痛が走ったり、熱をもって腫れたりすることがあります。いつも感じるような腫れであれば、患部を冷やして腫れが引くまで動かずに静止していることが大切です。
偽痛風になりやすい年齢ってあるの?!
足腰の老化が著しく見られる50代後半から60代、70代に偽痛風は多く見られます。またごく稀ではありますが、30代や40代の女性が偽痛風になる場合もあるので、精密検査を必ず受けるようにしましょう。
偽痛風は女性がなりやすいって本当?
偽痛風はピロリン酸カルシウムを代謝出来ずに結晶化させてしまう代謝内分泌疾患の一つですから、男女に差があるわけではないのですが、関節の骨格や骨密度、代謝から比べると、多少女性の方がかかりやすい病気のようです。