偽痛風 ヒアルロン酸

偽痛風治療にヒアルロン酸は必要なの?

偽痛風と診断された場合、まずは非ステロイド抗炎症剤の服用薬で痛みを抑えたり、患部に熱を持っていれば排除しますが、それでも痛みがおさまらなかったり、発熱する場合はステロイド薬を服用します。

 

整形外科ではレントゲンなどをとって関節部分の状態を確認しますので、医師の所見により関節に水がたまっているようであれば注射器で水を抜き取る処置を施し、ヒアルロン酸や非ステロイド性の抗炎症薬を直接患部に注射します。

 

 

急性期の痛みや症状であれば上記のような処置で痛みも取れますし、今までどおりの生活を行なうことができますが、慢性化している場合は膝関節などの変形なども考えられますからレントゲンやCTなどによって観察しながら上記の対症療法を続けていきます。

 

また、膝関節などが変形してしまうと外科的手術をしなければなりませんので、変形をさせないためにも筋肉を強化したり、肥満気味の方はダイエットをするように促されます。

 

 

また、確実に偽痛風の予防とは言われてはいませんが、日常的にヒアルロン酸やコンドロイチンなどのサプリメントを摂取しておくと、偽痛風にもなりにくく、膝などの関節も痛みにくいという口コミもありますから、一度試してみると良いかもしれませんね。

 

もちろん数ヶ月の服用では効果は見られないかもしれませんが、半年程度の服用で改善が見られたり、急性期偽痛風の処置後の予防にも良いという方もいらっしゃるようですよ。

 

 

ヒアルロン酸はアンチエイジングにも期待されているサプリメントの1つですので、偽痛風の完璧な予防薬にならなかったとしても、体に害を与えるものではありません。
なかなか予防策が見つからない偽痛風ですが、様々なものを試して自分に1番合っているものに出逢えると良いですね。

偽痛風治療の総合情報

<スポンサードリンク>

偽痛風治療にヒアルロン酸は必要なの?関連ページ

治療後のリハビリは必要なの?
偽痛風 治療後のリハビリは必要なの?という疑問について解説します。
小児で発症することはある?
偽痛風 小児で発症することはある?という疑問についてお答えします。
入院治療で特別食加算はあるの?
偽痛風の入院治療で特別食加算はあるの?という疑問についてお答えします。
障害年金を受給する資格はあるの?
偽痛風は障害年金を受給する資格はあるの?という疑問についてお答えします。
アルコールの摂取やプリン体は原因になる?
偽痛風 アルコールの摂取やプリン体は発作の原因物質になる?という疑問にお答えします。
アイシングして患部を冷やすと効果はあるの?
偽痛風の発作時、アイシングして患部を冷やすと痛みに効果はあるの?という疑問にお答えします。
偽痛風・痛風とクラウンドデンス症候群の違いは?
偽痛風・痛風とクラウンドデンス症候群の違いは?という疑問についてお答えします。
温泉やお風呂はよくないの?
偽痛風に温泉やお風呂はよくないの?という疑問にお答えします。
腫れはどのように対処すればいい?
偽痛風は前ぶれもなく、急に激痛が走ったり、熱をもって腫れたりすることがあります。いつも感じるような腫れであれば、患部を冷やして腫れが引くまで動かずに静止していることが大切です。
偽痛風になりやすい年齢ってあるの?!
足腰の老化が著しく見られる50代後半から60代、70代に偽痛風は多く見られます。またごく稀ではありますが、30代や40代の女性が偽痛風になる場合もあるので、精密検査を必ず受けるようにしましょう。
偽痛風は女性がなりやすいって本当?
偽痛風はピロリン酸カルシウムを代謝出来ずに結晶化させてしまう代謝内分泌疾患の一つですから、男女に差があるわけではないのですが、関節の骨格や骨密度、代謝から比べると、多少女性の方がかかりやすい病気のようです。