偽痛風 年齢

偽痛風になりやすい年齢ってあるの?!

尿酸値が高くなることによって起こる痛風は働き盛りの30代から40代での発症が多いのですが、偽痛風の場合は足腰の老化が著しく見られる50代後半から60代、70代に多く見られる症状です。

 

 

偽痛風は膝などの関節部分にある軟骨がピロリン酸カルシウムが結晶化することによって痛みを発症したり発熱してしまう症状が一般的ですが、骨粗しょう症や膝関節変形症などを発症しやすい年齢であることから偽痛風もなりやすい年齢と言えるでしょう。

 

また、極稀に30代40代の女性が偽痛風を患う方もいらっしゃいますが、免疫不全症からくる膠原病の可能性もありますので精密検査を必ず行なってくださいね。

 

 

偽痛風のための完全な予防法はないのですが、カルシウムだけでなく、バランスの良い食生活や運動はかかせません。

 

膝や関節の筋肉を強化したり、ダイエットをすることは偽痛風を防ぐ効果があります。

 

 

しかし、この健康志向から偽痛風が増えていることをご存知でしょうか?

 

 

毎日かかさず行なっている散歩。

 

土日には登山。

 

筋力を増やすためのスクワット。

 

無理な姿勢になってしまうようなヨガ

 

 

このように局部を極端に鍛えてしまうようなトレーニングはかえって偽痛風を誘発させてしまいますので散歩程度であれば1日おきに行なうようにし、無理な運動は控えましょう。

 

膝などに負担を与えないために、水中ウォーキングなども整形外科医も推奨しています。

 

水中ウォーキングは膝や腰などへの負担を減らしながら、水の抵抗によってダイエット効果も期待できます。

 

また、生活習慣病予防にもオススメですので、さっそく始めてみてはいかがでしょうか?

偽痛風治療の総合情報

<スポンサードリンク>

偽痛風になりやすい年齢ってあるの?!関連ページ

治療後のリハビリは必要なの?
偽痛風 治療後のリハビリは必要なの?という疑問について解説します。
小児で発症することはある?
偽痛風 小児で発症することはある?という疑問についてお答えします。
入院治療で特別食加算はあるの?
偽痛風の入院治療で特別食加算はあるの?という疑問についてお答えします。
障害年金を受給する資格はあるの?
偽痛風は障害年金を受給する資格はあるの?という疑問についてお答えします。
アルコールの摂取やプリン体は原因になる?
偽痛風 アルコールの摂取やプリン体は発作の原因物質になる?という疑問にお答えします。
アイシングして患部を冷やすと効果はあるの?
偽痛風の発作時、アイシングして患部を冷やすと痛みに効果はあるの?という疑問にお答えします。
偽痛風・痛風とクラウンドデンス症候群の違いは?
偽痛風・痛風とクラウンドデンス症候群の違いは?という疑問についてお答えします。
温泉やお風呂はよくないの?
偽痛風に温泉やお風呂はよくないの?という疑問にお答えします。
偽痛風治療にヒアルロン酸は必要なの?
確実な偽痛風の予防とはされていませんが、日常的にヒアルロン酸やコンドロイチンなどのサプリメントを摂取すると、偽痛風になりにくく、膝などの関節も痛みにくいという話があります。
腫れはどのように対処すればいい?
偽痛風は前ぶれもなく、急に激痛が走ったり、熱をもって腫れたりすることがあります。いつも感じるような腫れであれば、患部を冷やして腫れが引くまで動かずに静止していることが大切です。
偽痛風は女性がなりやすいって本当?
偽痛風はピロリン酸カルシウムを代謝出来ずに結晶化させてしまう代謝内分泌疾患の一つですから、男女に差があるわけではないのですが、関節の骨格や骨密度、代謝から比べると、多少女性の方がかかりやすい病気のようです。